幻の味噌「つるし味噌」造り

    


 湯治しながら 信州「うまいもの」造りに挑戦してみませんか

 信州伝統 幻の味噌「つるし味噌」造り 3月下旬と4月初旬  全2回講座  
 信州の伝統的味噌造り 通常の味噌造りより 手間がかかります
 その工程は機械化が難しいので いまでは なかなか手に入らない逸品です
 
 大豆を茹でてつぶすまでは同じですが そのあと一手間も二手間もかけます
 つぶした大豆を こぶし2つ位の大きさに丸めます
 それを用意した すべ縄(わらで編んだ手造りの縄 これも自分で編みます)で縛り写真のように つるします
 2週間ほど空気にさらします 空気中の天然有用微生物の働きでうまみが醸造されます
 そのみそ玉を 塩と麹で樽に仕込み 布をかぶせ 秋まで寝かせます
 さらに1年寝かせれば 理想的 風味もこくも香りも 最高の味噌の出来上がりです
 常念坊の朝食 味噌汁が評判なのは この自家製「つるし味噌」のおかげです 


味噌造り体験費用明細

 1泊2日 味噌玉造り   
 1泊3食(当日ランチは野外バーベキュー)
   持ち帰り材料費(つるし味噌3K)


 1泊2日 味噌玉仕込み (4月初旬予定)
 1泊3食 (当日ランチは野外バーベキュー)
 ¥15,000‐ 
  (¥13,500-)
  (¥1,500-)


 ¥12,000-